2010年05月15日

民主、HP解禁案を提示=ネット選挙で各党協議(時事通信)

 選挙運動でのインターネット利用に関する各党協議会が12日午前、国会内で開かれ、民主党の桜井充参院政審会長は、選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を解禁する案を提示した。他党から反対意見は出なかったが、地方選の対応や動画の扱いなど、論点を整理した上で改めて協議することになった。
 民主党は、他党の同意が得られれば今国会で公職選挙法を改正し、夏の参院選から実施したい考え。協議会では、将来的には電子メールやツイッター(簡易ブログ)も含めた全面解禁を目指す方針で一致。出席者からは、他人による成り済ましや中傷への対策を求める意見も出た。 

【関連ニュース】
ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新
ネット選挙解禁法案を提出=自民
ネット選挙、参院選解禁目指す=与野党
ネット選挙解禁へ協議機関=与野党
自民・谷垣氏が「つぶやき」開始=党首討論の意欲つづる

滋賀県知事選 ダブル選狙いで“暫定日程”(産経新聞)
普天間、決着先送りに言及=官房長官(時事通信)
民主党 企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
<布川事件>ワイシャツとタオルのDNA鑑定要求へ…検察(毎日新聞)
桟橋方式は工期7年、費用1.5倍=埋め立て・浮体式も併記-修正案(時事通信)
posted by d3ots8bn4e at 20:59
"民主、HP解禁案を提示=ネット選挙で各党協議(時事通信)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。