2010年02月08日

<道新文化事業社>日ハム同行カメラマン肺結核で処分検討 (毎日新聞)

 プロ野球日本ハムの春季キャンプ(沖縄県名護市)に球団公式カメラマンとして同行していた50代の男性が肺結核にかかっていた問題で、男性が事前に「即日入院が必要」との診断を受けていたことが分かった。男性が所属する北海道新聞社(札幌市)の関連会社、道新文化事業社は、男性と早坂実社長の処分を検討している。

 道新文化事業社によると、男性は1月27日に札幌市内の総合病院で検査を受け翌28日、医師から電話で「結核菌が検出され、即日入院が必要」と通知された。業務の代行者を検討したが都合が付かなかったうえ、顕著な症状がなかったことから、30日に沖縄入りし撮影業務を始めた。

 2月2日、再度医師から即入院するよう言われたため、結核感染を初めて会社に報告した。日ハムによると、球団関係者に体調不良などの影響はないという。早坂社長は「社員の軽率、不適切な行動により関係者に多大な迷惑をかけ申し訳ない。このような事態を深く反省している」とのコメントを出した。【中川紗矢子】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:結核やエイズ患者悪化を懸念
結核:豊岡で家族ら6人、集団感染 /兵庫
池田・五月山動物園のシカ結核死:拡大防止へ、全頭を処分 /大阪
シカ:池田・五月山動物園で結核死 当分の間休園 /大阪
結核誤判定:なぜ4年も…「知識不足」と大阪府が謝罪

小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を-米科学アカデミー報告書(時事通信)
<横浜事件>65年…「やっと答え」遺族ら万感 無罪判断(毎日新聞)
八ツ場ダム建設中止求め声明=千葉県弁護士会(時事通信)
GSK、日本市場で高成長(医療介護CBニュース)
<名古屋食肉公社>保証金15億円回収不能 支払先破産状態(毎日新聞)
posted by d3ots8bn4e at 20:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。